体調を心配した家族が紹介してくれた正官庄

先日、仕事に行く前こたつに入ってテレビを見ていると、何か臭います。
今まで嗅いだ事が無い様な匂いで少し油の様な匂いが…、匂いを辿るとこたつの中から匂います。
その時はこたつの機械の故障だと思い、会社に行くことにしました。

しかし、会社に着いてからしばらくしてもまだ油の匂いがします。
そして歩いていると、何かお尻の辺りがヌルヌルした感触がします。
不思議に思い、振り返ってお尻を見てみるとズボンがお漏らししたように、濡れています。
あわてて、トイレに駆け込み確認してみると、パンツもズボンも何か油の様な物でズルズルになっていました。
そして便座に股がりいきんでみると、シャー!と何かオレンジ色の液体が出るでは有りませんか!

今まで見た事も無い現象です。
それは良くみると、まるでラー油そっくりな液体で、トイレの水の表面に点々と浮かんでいます。
匂いは便と油が混ざった今まで嗅いだ事が無い様な変わった匂いです。

仕事どころでは無くなり、早退し慌てて近くの病院(胃腸内科)に行きました。
先ほどの現象を先生に説明するも、そんな前例は今まで無いと言われ、整腸剤を貰い数日様子をみる事になりました。
家に帰って薬を飲むものの、頭の中は悪い方に考えて行きます。
大腸癌になっていて、相当進行しているのでは無いか…
そういう事を考え出すと、段々と目眩やら、胃痛や腹痛までして来た様な気がします。
そして余命はどの位なのだろうか?とか考えてしまいます。

その事を兄に告げ、しばらくすると兄から電話が掛かって来ました。
内容は、ネットで調べた所、似たような症状が載ってたの事でした。
それは「ラー油症候群」と言うもので、体内で分解されない様な脂を含む魚などを食べると、後門からそのまま排出されると言うものでした。
良く良く考えてみると、前日に実家にてツチクジラの粕汁を飲んでいました。
しかもお代わりをして何杯も…
クジラを食べるのなんか小学生以来で調子にのって食べていました。
原因が解った途端、先ほどまで苦しんで居た、目眩や胃痛、腹痛などが嘘の様に治っています。その後、2度ほど後門から脂をオナラと一緒に噴出して、ラー油症候群は収まりました 。

しかし、病は気からと言いますが、本当だと実感した瞬間でした。
原因が解った途端、嘘の様に治ってしまうんですから…(笑)
因みに、脂が付いた下着やズボンは何度洗濯しても取れませんでした。

今は1人暮らしで仕事もかなりハードということもあり、やはり普段から体調管理には気をつけたいと思います。
兄にも勧められた正官庄錠剤を購入して飲んでみようと思います。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez