月別: 2018年5月

理想的な看護師さんに出会いました

私は福岡に住んでいます。おばあちゃんが老人ホームにお世話になっている時に何度か訪問したことがあります。
うちのおばあちゃんはボケはなかったのですが、足が悪く、どうしても移動の介助が必要でした。母の助言もあったので、お昼ご飯の時間に合わせて、ちょっとしたおかずを持っていき、いつもは入居の皆さんと食事をとるところをそういう日だけは食堂の端で私たちを食事をするということをしていました。

最初の頃はホームの職員の方の感じもよく見えたので、おばあちゃんも安心だねなんて話をしていたのですが、何回か通ううちにおばあちゃんが私に嫌なことを話し出しました。
「あの人は手伝ってくれる時に嫌な顔するんだよ~だから後でトイレに連れてってね」
「昨日はご飯の途中だったのに下げられちゃって、最後まで食べられなかったんだよ」
などです。

人間なので調子が悪かったり、忙しくて手が回らなくてイライラすることもあると思います。配膳に時間がかかったり、食べるのに時間がかかって時間通りに行かないことだってあります。そういう時に「待ってね」とか「そんな嫌な顔しないで~」とか、普通の会話ができない環境なのか?ととても心配になりました。

そういう心配があると、ホームにいる間にいろいろなことが目についてしまうんです。ボケが進んでしまっているおじいちゃんやおばあちゃんに対しての態度がキツイ職員がいたり、オムツ交換の時間にものすごく嫌な雰囲気を出している職員、さらには面会に来ている家族に対して聞こえるように嫌味を言っている職員・・・こちらのそういう気持ちで見てしまうからなのかものすごく嫌な部分が目につきだしました。

母にそのことを伝えると「あそこの職員は優しくないみたいなんだよね、おばあちゃんが帰りたいっていうときもあるんだよ」と。本来なら自宅で介護するところを、ホームでお世話してもらっているから下手なこと言えないのよね~と言っていました。

確かにそうかもしれません。でも、私のおばあちゃんだって、他の入居者さんだって、ものすごく手間がかかるかもしれないけど、心がある人間です。きっと老人でなく、子供だったらそんな嫌な対応されないんだと思います。私のおばあちゃんは幸いにも同室で仲良くなったおばあちゃんがいたり、優しく接してくれる職員さんがいたので、亡くなるまで楽しく生活をできていましたが、こういう施設でのトラブルのニュースは少なくありません。

労働環境が悪い、給料が安いという問題もあるようですが、最低限でもいいから、心が穏やかになるような対応を職員の方々がしてくれると、入居している方も安心して過ごせるのではないかと思います。それは老人ホームの職員さんに限らず、看護師さんなども同様だと思います。お医者さんにはなかなか言えないことも、普段接することの多い職員さんや看護師さんにはもう少し優しい対応を心がけて欲しいなと思います。

最近、体調が悪くて久々に私が病院にかかることがあったのですが、その時に対応してくれた看護師さんが、まさに私の理想の方でした。http://看護師求人福岡パート.com/というサイトを通して転職されたばかりと仰っていましたが、患者への声掛けだけでなく、ちょっとした所作が本当に優しくて、ああいう人が増えてくれるといいなと思いました。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez