カテゴリー: blog

骨折等で長期入院した際の入浴時の看護師さんの対応について…

今から10年位前になりますが、開放粉砕骨折で二ヶ月ほど伊丹市では知らない人がいない位大きな総合病院に入院していた時の実話です。

私はその当時、職人をしておりましたが、仕事中に自分の不注意で現場から地面に落下して叩きつけられるました。当然、仕事中の事故ですので労災保険で入院してました。婚約者もいたので、彼女も仕事をしていましたが、いつも来てくれて服の洗濯や身のまわりの事や入浴介助を休みが取れた日は全てしてもらっていましたが、休みが取れず休憩の合間に来ただけの時は、右足をギブスで固定&動かしてはいけないので入浴は看護師(女性)に入浴介助のお願いをしなければいけませんでした。

その当時、自分もまだ20代という事もあり、看護師さんも同年代の人ばかりなのもありましたし、男性の自分からは相手が看護師さんであちらも仕事だと分かっていても、見ず知らずの女性に頼むのは抵抗があるものです。自分と同じような怪我で入院した事のある男性であれば共感出来ると思います。

こちらも申し訳ないなと思いながら彼女が入浴介助出来ない時は自分も人間なので、本当は毎日入浴する生活をしていたのでシャワーも2日に1回は入りたかったので、ほぼほぼ女性の看護師さんに入浴介助をお願いしていました。いつも同じ女性の看護師さんという事もあり、最初は抵抗がありましたが看護師さんの方が全然気を使わなくていいですからね〜と言ってもらってからは特に抵抗もなく入浴介助のお願いをしていました。

そんなある時、事件は起きました。いつもお願いしていた看護師さんがその日はシフトの関係で夜勤になっていたので、違う女性ので看護師さんに入浴介助のお願いをしました。そしたら、なんと拒否られました。
こちらもただでさえ長期の入院生活でストレスが溜まっていましたし、ましてや知らない女性に裸を見られるのはただでさえ抵抗があるのに、1人で入ってはいけないと言われていたので入浴介助をお願いしたらこのありさまです。

さすがに我慢が出来ず主治医に報告して自分を拒否った看護師に謝罪させました。それ以降は最初の女性の看護師さんに退院するまで入浴介助してもらいました。とても嫌な出来事でした。

実は私の婚約者(今の奥さん)は薬剤師なのですが、看護師ほどではないものの、薬剤師も女性の多い社会。こういう話はよくあるようです。患者はお客様ではないですが、病んでいたり動けないからこそお願いしているわけなので、医療に従事者になろうと思った初心を思い出してほしいものです。

※そんなウチの奥さんは最近、転職したのですが、とてもよい環境で働けているようです。参考にしたサイトはこちらだそうです⇒ http://xn--riq0l4hi2jz8sm3tev4b.com/

そうだ!チャットレディのバイトをしよう

女子大生時代、山ほどアルバイトをしましたが、一番長く続いたのは居酒屋です。
まず、同年代が多い。
男女問わず大学生ばっかりでした。
たまには社員もいましたが、それでも一人か二人。学生バイトで回しているところがほとんどです。
居酒屋は、とにかく明るく元気よく。「いらっしゃいませ!!」と声を張り上げること、これは若くないとできません。

20歳を過ぎていて、お酒が好きならなおよし。それまで飲んだことのなかったようなお酒の種類も覚えます。
ちなみに私は居酒屋でバイトするまで日本酒と焼酎の違いも知りませんでしたし、ロックとストレートの違いも知りませんでした。

このあたりの知識と、酔っ払って絡んでくる客の対応は、今後の人生女性として社会に出る以上、絶対に必要です。
酔っ払いにいちいち目くじら立てていたら、社会は渡っていけません。さらに、酒に飲まれる客を見ていると、お酒はほどほどにしないとなあなんて肝に銘じることができるはずです。とにかくみっともないですから。

あとは、なかなか出会いが多く、お付き合いに発展するのも居酒屋バイトの特徴です。
男子も大学生が多いですし、おそらくですけど薄暗い居酒屋ではいつもよりかわいくみえるんじゃないでしょうか?
向こうだって、酔っ払いに絡まれたとき助けてくれたら、もうヒーローじゃないかと勘違いしますよね。

単純に勤務時間も魅力です。
ほとんどの居酒屋が夕方以降の勤務時間ですから、学校には支障もないですし、なんなら掛け持ちもできます。朝の早起きの苦労もないですし。
そして、勤務時間が遅いので、ほとんどの居酒屋が時給高めに設定されています。

あとは、居酒屋にもよりますが、ホールだけでなくキッチンもするようなところでしたら、料理も覚えるし女子力アップ間違いなしです。
居酒屋のメニューは簡単なものが多いですが、男子受けが多い料理がほとんどですから。出し巻き卵とか作れる女子大生なんか、ものすごくポイント高いですよ。

しかし、なにせ時給が・・・(泣)
私は当時短期留学を考えていたので、居酒屋のバイトも続けながら、とにかく時給の高いバイトを探していました。
ある日、友人にチャットレディのバイトを紹介されました。
え?そんなバイト大丈夫?と半信半疑でしたが、早くお金を稼ぎたかった私。
友人もいっしょだったこともあり、試しに行ってみることにしました。
すると、いろんな知識を持っている人との会話など、なんだかコミュニケーション能力も向上した気がします(笑)
楽しくていろんなことが勉強できて・・・そんなチャットレディのバイトはぜひぜひ女子大生におすすめです。
⇒⇒⇒http://xn--dckzcgqe4npc3959b4hep71f.com/

個人店の衰退!?哀しいなあ…いや、ちょっと待てよ? 

個人経営
二ヶ月ほど前に馴染みのケーキ屋さんが閉店してしまいました。
二年前には近くの中華料理店が、10年前には子供の頃からお世話になっていた駄菓子屋さんが…。それ以外にも町から、個人経営のお店がどんどん減っています。
それに代わる様に、チェーン店やコンビニが増えています。何だかそのことに、少し哀しさを感じてしまいます。

と言っても、別にチェーン店やコンビニが嫌いな訳ではありません。馴染みのコンビニはあるし、チェーン店の定食屋さんにもよく行きます。それに、スイーツをコンビニで買ったり、仕事帰りに同僚とチェーン定食屋さんに行ったりしてる私は、この町における個人経営衰退の、小さな原因かもしれない。そのことで責を負わされることもないし、実際生活に大した変化はありません。ただ、少しだけ鬱々します。

そんなある日、空いていたテナントにお店が入りました!個人経営のスイーツ店のオープンです。何だか、嬉しくなってしまいました。
その時私はあることに気づいて、外出の度に町の様子を観察したり、散歩の際にコースを変えたりして町を見て回ったんです。それだけではなく、ネットで自分の地域と単語を組み合わせて検索も実行。

すると意外なことに、私の知らない個人経営のお店がオープンしているじゃないですか!中にはオープンしてから2年以上経っているお店もあり、灯台もと暗しを実感いたしました。チェーン店だから楽、個人経営だから大変などとは思ってません。どちらも経営は大変で、どちらもがんばって欲しいです。

ただ、質が安定しているチェーン店より、一見さんお断りの雰囲気がある個人店は、初見では入りづらいものがあります(大抵はお客側の誤解見たいなもの)。だから、個人経営のお店を応援したくなってしまうんです。

たとえば飲食店がすべてチェーン店になったら、ちょっと残念じゃないですか?だからこれからは、自分の出来うる範囲で個人店を利用いたします。町と一緒に歴史を刻んで欲しいなあ。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez